Member


Trumpet  

依田泰幸(よだ やすゆき)

長野県出身。武蔵野音楽大学卒業。トランペットを戸部豊、佛坂咲千生、西村明浩、松本浩太郎の各氏に室内楽を戸部豊氏に師事。 平成13年東京文化会館新進音楽家デビューコンサート出演。 第13回大曲新人音楽祭コンクールにおいて優秀賞を受賞。平成15年練馬文化センター新人演奏会において優秀賞受賞。2007年より東京ニューシティー管弦楽団団員。Vivid Brass Tokyo、Trailblazers 10 Piece brass、Ecopets各メンバー。大宮光陵高校音楽科、桐朋学園芸術短期大学非常勤講師。アレンジャーとしても幅広いジャンルの作品をEnsembleVitaに提供している。



Trumpet

小島光博(こじま みつひろ)

広島県出身。武蔵野音楽大学卒業。東京ミュージック&メディアアーツ尚美ディプロマ取得。武蔵野音楽大学卒業演奏会、同大岡山新人演奏会、広島県新人演奏会に出演。大仙市大曲新人演奏会コンクールにて優秀賞受賞。静岡交響楽団団員。常葉大学短期大学部音楽科非常勤講師。Ecopetsメンバー。トランペットを白石実、戸部豊、関山幸広の各氏に、室内楽を田中正大氏に師事。



Horn

林育宏(はやしいくひろ)

東京都出身。武蔵野音楽大学卒業。ホルンをミヒャエル・ヘルツェル、伊藤泰世の両氏に、室内楽をカールマン・ベルケシュ、田中正大の両氏に師事。大学在学中より、国内外のオーケストラへの客演、室内楽、ミュージカル、ソロ等様々な音楽シーンで演奏活動を展開する。また、後進の指導育成にも意欲的に取り組み、全国各地での講習会やコンクール等の審査員としても活動している。現在、「シエナ・ウインド・オーケストラ」ホルン奏者。他にも「Ensemble VITA」、「東京ニューブラスアンサンブル」等のアンサンブルでもライブ活動やレコーディングを行っている。ミュージックスクール  ダ・カーポ講師。



Trombone

村田秀文(むらた ひでふみ)

宮崎県生まれ。17 歳で南日本新聞音楽コンクールに入選。東京コンセルヴァトアール尚美を首席で卒業し卒業演奏会出演。その後同校ディプロマコース修学、在学中ディプロマ・フレッシュコンサートに選出され、高評を博す。室内楽・ミュージカル・オーケストラなど活動の幅も広く、参加したレコーディングも数多い。トロンボーンを河口安伯・伊藤 清・松本 煕。室内楽を稲川榮一、中川良平。吹奏楽指導法を小澤俊朗。指揮法を林紀人の各氏に師事。

1999 年よりロイヤルチェンバーオーケストラ・ロイヤルメトロポリタン管弦楽団団員 首席トロンボーン奏者。日本トロンボーン協会常任理事。桐朋学園芸術短期大学非常勤講師。



Tuba

古沢充(ふるさわ みつる)

東京都出身。 武蔵野音楽大学卒業。テューバを故 貝島克彦氏、多戸幾久三氏、牛尾正明氏に、 室内楽を戸部豊氏に師事。数年間の某有名テーマパークでの演奏を経て、現在フリー奏者としてオーケストラ、吹奏楽、レコーディングその他で活動。吹奏楽のビデオマガジン「Winds」vol.145にはソリストとして出演。Ensemble Vita、Jellyfish Brass Plop、Vivid Brass Tokyo メンバー。渋谷区青少年吹奏楽団、スガナミ楽器ミュージックサロン町田(テューバ、吹奏楽)各講師。神奈川県立相模原弥栄高等学校音楽科 非常勤講師。

 



Violin  

大谷美佐子(おおたにみさこ) 

神奈川県出身。東京芸術大学卒業。1987年新潟県八海山山頂でフルート奏者小出信也氏とデュオコンサートを行う。1989年IMAS交響楽団と共演。1990年ボストンでロマン・トーテンベルク、ペーター・ザゾフスキー各氏の指導をうけ、ロンジ音楽院にてリサイタルを行う。1991年第105回神奈川県立音楽堂推薦音楽会に出演。(故)井上武雄、浦川宜也、瀬川光子の各氏に師事。フリーの奏者としてソロリサイタル、在京オーケストラのエキストラ、室内楽等で活動中。イリス弦楽四重奏団、東京バッハカンタータアンサンブルメンバー。



Flute

吉岡次郎(よしお かじろう)

東京都出身。武蔵野音楽大学卒業後スイスに留学。2002年バーゼル音楽大学大学院にて、国家演奏家資格を最優秀の成績で取得し卒業。2002-03年 バーゼル交響楽団研修団員。第12回日本フルートコンベンションコンクール・ピッコロ部門第2位、第3回東京音楽コンクール木管部門 最高位入賞。これまでに名古屋フィル、東京フィル、日本フィル、N響有志オケ等と共演。2008-09 神奈川フィル契約首席奏者。(財)地域創造「公共ホール音楽活性化事業」登録アーティスト。2017年尹伊桑生誕100年記念の誕生日にフルート協奏曲を特別編成オーケストラと共演、並びにC. ヴァインのフルート協奏曲「笛は夢見る」を日本初演。2018年NYC,カーネギーホールリサイタルホールにてソロリサイタルを開催。2019年オーストリア、ウィーン楽友協会ブラームスザールにて特別編成オーケストラとライネッケの協奏曲を共演。これまでに5枚のCDアルバムをリリース。桐朋学園芸術短期大学音楽専攻、洗足学園音楽大学講師。(公財)千葉交響楽団フルート奏者。www.jiroyoshioka.com



Piano  

竹川ゆきの(たけかわ ゆきの) 

群馬県出身。武蔵野音楽大学卒業。ピアノを栗山貴美子、小林孝典、福島宣江の各氏に、伴奏法をハンス・ウド・ハインツマン氏に師事。大学在学中からコンサートやイベントに参加。卒業後はフリーの演奏家として、クラシックに留まらず様々なジャンルでソロ、アンサンブルの演奏を行っている。2011年のNHK BS大河ドラマのレコーディングに参加。2000年頃からヨーロッパアルプス地方の民族音楽のバンド、「アルプス音楽団」に参加し、アコーディオニストとしても活動している。銀座音楽ビヤプラザLIONレギュラー出演中。